太ると男性ホルモンが増える?脱毛症にも注意

運動によるダイエットに励んでいる人はアンチエイジング効果、美容効果もあることはご説明いたしました。
今回ご紹介するのは、「太っている方は男性ホルモンが増える」という疑問に関してです。

 

男性ホルモンと女性ホルモン

性別関係なく、人には男性ホルモンと女性ホルモンが存在しています。
男性は男性ホルモンの比率が高く、
女性は女性ホルモンの比率が高いのはなんとなくご想像できるのではと思います。

 

今回問題となるのはその内の「男性ホルモン」です。
男性ホルモンは毛、つまり体毛をつかさどるホルモンと言えます。
男性の体毛が女性よりも毛深いのは、この男性ホルモンの量が多いからと言えます。

 

太ると男性ホルモンが増える

これはまだ明確な根拠はありませんが、
往々にして太っている方というのは男性ホルモンの量も総じて増えるという研究結果があります。
例えばお腹が出てくるとへそ回りやギャランドゥの毛が増えてくる、ということです。

 

女性も他人事ではありません

男性と比較すると男性ホルモンの量が少ない女性ですが、最近はホルモンバランスの乱れや環境ホルモンが体内でかく乱しているせいか、女性でも体毛が多くなってきている人を見かけます。ヘソ周りに生えている産毛が長くなったり、複数本目立つヒゲが生えてきたりする方もいらっしゃいます。

 

運動をおろそかにして太ってくると、体毛という思わぬ副作用に見舞われるかもしれません。
女性にとってヒゲやヘソ毛というのは許し難いものではないでしょうか。

 

脱毛症と男性ホルモンの関係

先ほどの説明で男性ホルモンとは体毛をつかさどり、
男性ホルモンの量が多ければそれだけ毛深くなるということを説明しました。
しかし、これには例外があります。頭の髪の毛だけは男性ホルモンの量と反比例するのです。
つまり、男性ホルモンが多いと、髪の毛が抜けてしまう「脱毛症」に陥りやすくなるのです

 

男性ホルモンの量が少ない女性は脱毛症になる人は少ないですが、
最近は生活の乱れか薄毛や抜け毛に悩む女性を多くお見受けします。

 

太ると男性ホルモンの量が増えるという理論が医学的に実証されれば、
脱毛と肥満の因果関係も分かってくることでしょう。

 

太った禿げにご用心

以上のことから、太った人の禿げの割合が多いのも頷けるかと思います。
特に男性ホルモンに作用されやすい男性の方は、なんとしてでも肥満、禿げのダブルパンチは避けたいところです。
女性が嫌う男性のタイプにも常に上位にランキングされますし、見た目も暑苦しいですね。
年齢を重ねるごとにそのリスクは上がっていくものと認識し、「最近太ってきたかな」、「近頃抜け毛が多くなってきた」と感じる方はダイエットを考えてみることをおすすめします。